人間文化研究科の理念・特色

桜花学園大学 大学院 (男女共学)

桜花学園大学大学院とは

今日の専門職化しグローバル化する保育・教育・語学を巡るニーズに応えるため、桜花学園大学の建学の理念である「信念ある女性の育成」という教育目的に基づき、桜花学園大学(4年間)および名古屋短期大学専攻科(短大を含め4年間)に続く学びの場が桜花学園大学大学院(2年間)です。
 他大学卒の人や社会人も含めて広く開かれており、学部卒の人がさらに学びを深める場であり、現職の専門職のリカレント教育を保障する場であり、地域のミドル・リーダーやベテラン管理職がさらに飛躍して行ける場を保障するといった、地域社会からの高等教育のニーズに応えるのが桜花学園大学大学院です。



高度職業人の養成をめざして

人間文化研究科の目標は、複雑・多様で不透明な現代社会を切り開くための知性と理性を兼ね備えた想像力豊かな高度職業人の養成を行うことです。この目標を達成するために、少人数大学院として優位性に基づき、教員によるきめ細かい指導体制を保障するとともに、教員と大学院生が質の高い共同研究に取り組んでいます。
グローバル化の進展は、保育や教育現場、企業などの労働現場においてだけでなく、日常生活のすみずみに至るまで、日本という枠の中での発想では対処できないさまざまな問題を投げかけています。このような大きな発想の転換・パラダイム転換が必要な時代にあって、多様な人種構成、多彩な研究領域からなる研究科の教員集団と、保育や教育現場その他企業などで職業人経験を経て入学した社会人院生、アジア諸国からの留学生、学部や短大専攻科卒業生たちとの共同研究は、新しい時代を切り開く人材の養成に大きく貢献するものです。

・人間科学専攻

人間科学専攻では、教育学・保育学における高度な専門知識の修得による教育力・保育力の強化のための教育課程が編成されています。小学校教諭専修免許状・幼稚園教諭専修免許状の取得に関わる指導・教育を行います。

・地域文化専攻

地域文化専攻では、高度な語学能力に基づき英語教育能力や多文化理解や地域研究能力の修得が可能となる教育課程が編成されています。中学校及び高等学校教諭専修免許状の取得に関わる指導・教育を行います。

 また、グローバルな視点にたった具体的な地域課題の解決能力や観光政策立案能力の修得を目的とした教育課程が編成されています。


社会人の学びを幅広く支援する

本大学院では2年間の修士課程を2年間かけて学ぶ履修方法に加え、2年間の学費で3年間かけて学べる長期履修制度を設定しています。 時間割は、平日昼間+昼夜開講制(平日6限(18:10~)、土曜日1~5限開講)で働きながら学べる環境を設定しています。 学費総額は他の大学院に比べるとかなり安く設定していますが、社会人入学の場合、授業料及び教育充実費をさらに半額としています。それらに加えて桜花・名短の同窓生は入学金を半額としています。このように本大学院は社会人の学びを幅広く支援しています。 入試説明会は毎年7月と12月の日曜日に行っていますが、希望があれば、土曜日や平日夜にも個別説明会を開催します。詳しくは入試広報課にご相談ください。


ページトップへ戻る