メニュー

閉じる

学校法人 桜花学園 桜花学園大学

メニュー

閉じる

教員紹介

少人数での指導だからできるきめ細かい指導で、
英語力とコミュニケーション力・国際理解力を高めます。

保育学科

国際教養こども学科

  • 教授 石山 英明

    教授石山 英明

    ゼミナールテーマ:子どもと楽しむ音楽活動

    音に対する心の動きが、
    子どもたちへの気づきにつながる。

    担当科目/音楽Ⅰ、芸術の世界、基礎演習Ⅰ

    私の専門は、保育・幼児教育における音楽活動です。将来子どもに音楽を指導するうえで、まずは音に触れる楽しさや喜びを、子どもの視点で気づくことが大切です。そこで、ゼミでは自然の音を探しに出かけたり、あるいはさまざまな楽器に触れたりします。日常の美しいものに触れることを通じて、自分自身の心が動く体験をしてほしいからです。また、こうした体験が、子どもたちへの気づきにもつながると考えています。何かを発信したり、表現したりしているのは、決して自然や楽器だけではありません。子どもたちも常に何らかのメッセージを発信しているものです。音を通じて豊かな感受性を磨き、さまざまなことへの気づきにつなげて、人としても成長してほしいと思います。

  • 准教授  田端 智美

    准教授田端 智美

    ゼミナールテーマ:子どもの造形

    国を問わず、世界の子どもが楽しめる
    造形について学ぶ。

    担当科目/幼児と造形、幼児と表現、保育内容指導法「表現」、
    幼稚園教育実習

    手づくりのおもちゃに子どもたちは大喜びします。また、絵を描いたり、創作したりすることが、子どもたちは大好きです。こうした造形活動は、言葉を必要としないことから、国を超えて日本はもちろん、世界共通で誰もが楽しさを実感できる遊びです。子どもの造形活動について理解を深めながら、国を問わず、世界の子どもたちが楽しめるスキルを身につけてほしいと思います。また、1年次の海外研修で行ったニュージーランドの保育施設では、自国のマオリ文化に誇りを持っていました。子どもたちも遊びにも文化を取り入れている点が印象的でした。こうした海外の保育を通じて視野を広げ、一方では日本文化も理解し、自国の文化や遊びを世界に発信できる保育者になってほしいと思います。

  • 学科長 教授 髙橋 一郎

    学科長 教授
    髙橋 一郎

    担当科目/
    多文化共生研究、
    国際関係論、地域研究Ⅰ

    ゼミテーマ/伝統文化と保育現場

    長期留学先であるオーストラリアは、多文化主義という文化の多様性を受容する国です。しかし、歴史的に見た場合、白豪主義をはじめ、明暗入り混じった多くの事実に行き当たります。留学前に、学際的なアプローチのもとオーストラリアについて一緒に学びましょう。

  • 教授 石山 英明

    教授
    石山 英明

    担当科目/
    幼児音楽、芸術の世界、
    基礎演習Ⅰ

    ゼミテーマ/子どもと楽しむ音楽活動

    音楽を専門的に学ぶことと、保育・幼児教育における音楽の学びとは、少し違った面があります。私は、音楽が「得意・不得意」ということでなく、音楽に「一生懸命に取り組む」ことが大切なのではないかと考えています。みなさんと一緒に学ぶことを、心から楽しみにしています。

  • 教授 木村 達志

    教授
    木村 達志

    担当科目/
    保育内容指導法(健康)
    幼児体育

    ゼミテーマ/子どもの健康、子どもの運動遊び

    子どもの健康の3本柱は、「遊ぶ、食べる、寝る」で構成されます。保育者をめざす皆さんと、よりよい「遊ぶ、食べる、寝る」を考えていきたいと思います。また、自分自身の健康もしっかりと管理ができるように学びます。

  • 教授 寺田 恭子

    教授
    寺田 恭子

    担当科目/
    チームビルディング実践・
    スポーツ健康論、幼児と健康

    ゼミテーマ/障がいのある子どもの身体活動

    私は"車いすダンス"を軸として、障がいのある人たちの身体とスポーツに関する研究をしています。障がいのある子どもたちの命がより輝くような活動や研究を一緒にやりましょう。情熱をもって学び続けて! あなたの可能性は無限大だから。

  • 教授 原田 明美

    教授
    原田 明美

    担当科目/
    保育内容指導法(環境)
    保育者論

    ゼミテーマ/子どもの貧困と保育

    保育・・それは子どもに、可能性を見出すこと、そして子どもと一緒に遊び、楽しみ、未来を夢見ること。それは自分に力を見出し、活力源になります。保育とはどんなに素敵な仕事でしょう。その奥深さを学びましょう。

  • 教授 布施 佐代子

    教授
    布施 佐代子

    担当科目/
    発達心理学Ⅰ、教育心理学、
    教育実習

    ゼミテーマ/子どもの発達と保育を語り合い学び合う

    国内外を問わず、子どもたちの健やかな育ちと幸せを願って、一緒に保育を学びましょう。子どもの心理の面白さや発達の不思議、保育の楽しさをたくさんお伝えしたいと楽しみにしています。人間をみつめる温かい眼をともに育みましょう。

  • 准教授  内田 政一

    准教授
    内田 政一

    担当科目/
    総合英語、
    ことばのメカニズム、
    Study Abroad Preparation

    ゼミテーマ/子どもの言語獲得

    英語を学ぶということは、文法のルールを丸暗記することではなく、ネイティブの感覚を身につける手段を学ぶことです。言語そのもののメカニズムから子どもが言語を獲得していく過程まで、英語を中心とする言語に関するあらゆることについて一緒 に学んでいきましょう。

  • 准教授  小野 克志

    准教授
    小野 克志

    担当科目/
    総合英語、
    海外保育フィールド・スタディ
    海外の保育

    ゼミテーマ/保育の英語

    海外の保育・幼児教育の実際を学び、専門的視野を広め、異なるものの見方や考え方に気づくことによって自らの思考を深めることを目指します。海外保育ライセンスプログラムで得る経験や人脈は何にも代えがたい将来の財産になるはずです。

  • 准教授  加藤 あや美

    准教授
    加藤 あや美

    担当科目/
    異文化理解、総合英語、
    Teaching English for Children

    ゼミテーマ/異文化コミュニケーション、早期英語教育

    言語や文化について学ぶことは、自分と異なる他者を理解する最初の一歩です。子どもに焦点を当てながら、効果的な言語の指導法について理論と実践の両側面から学んでいきます。異文化コミュニケーションの楽しさを伝えられる保育者を目指しましょう。

  • 准教授 田端 智美

    准教授
    田端 智美

    担当科目/
    幼児と造形、幼児と表現、
    保育内容指導法(表現)、
    幼稚園教育実習

    ゼミテーマ/子どもの造形

    世界中の子どもは描いたり作ったりする事を楽しみます。私の授業の中では、まず学生のみなさんに子どもの造形について楽しんでもらいます。そして、楽しむにはどうしたらいいかその指導方法を学びます。造形が苦手な人も得意な人も、授業を楽しんで受けてください。