桜花学園大学のポリシー

入試別アドミッションポリシーはこちら

保育学部のアドミッションポリシー

桜花学園大学保育学部は、保育学・教育学に関する体系的な教育・研究を通して、学生の社会参加と自己実現を支援し、もって人類の福祉と子どもの最善の利益に貢献しうる高度の専門性を具えた有為な職業人を養成するとともに、社会の要請に応えつつ保育の社会的な発展に貢献することを社会的使命とする学部です。
保育学部は、そのような社会的使命を実現するため、「参加・共同・創造」を教育理念として掲げ、学生とともに学部づくりを進めています。保育学部は、参加意識が高く、協働して学部教育を創造しうる次のような学生を求めたいと考えます

保育学部 保育学科の求める学生像

保育学部 国際教養こども学科の求める学生像

保育学部カリキュラムポリシー

保育学部の教育課程は、教育・保育の課題を乳幼児期から児童期の子どもの発達理解と発達環境の諸側面の課題をふまえ、総合的・構造的に、理論と実践を結びつけて探求できるように編成するとともに、小学校教諭一種免許、幼稚園教諭一種免許、保育士資格の取得に必要な科目を希望するすべての学生が履修できるように編成してあります。
保育学部は1年から4年までゼミと実習を系統的に配置しています。ゼミ(1年:基礎演習、2年:総合演習Ⅰ、3年:総合演習Ⅱ、4年卒業研究)は学生の個別指導の基礎単位として保育学部のチュートリアルシステムの基盤であるとともに、保育学部教育への学生参加の基盤でもあります。実習は、取得を希望する免許・資格に対応して、幼稚園、保育所、小学校等で段階的に実施されています。
保育学部の教育課程の系統的な学修を通して、教育・保育専門職として求められる総合的で高度な力量を培うとともに、社会に貢献しうる人材として自らを開発することが可能となります。

教育課程編成の基本構造

(1) 教育課程の全体を基礎教育科目と専門教育科目に区分し、さらに専門教育科目を関連教育科目と専攻教育科目とに区分してあります。

基礎教育科目
人間存在および人間の生み出した文化を広く理解し、変化発展しつつある現代社会の課題を把握しうる基礎的、歴史的視野を養う教養科目群、国際化・情報化という今日の社会変化に対応しうる、また心身ともに健康で、自主的・総合的に思考し判断しうる、情報処理能力、外国語運用能力、表現能力、問題発見・解決能力をそなえた人材の育成に資する科目群です。
専門教育科目
保育学部としてのグローバルな課題を探求する専門教育科目を関連教育科目とし、保育学科固有の専門職養成に関わる教育・保育に関わる専門教育科目を専攻教育科目として相互に密接な連関をもたせて構造的に配置しています。

〔関連教育科目〕

1.人間発達関係科目
人間の発達について理解するための科目群(乳幼児期から児童期の発達を軸にしながら、健常児のみならず障害児等さまざまな問題やハンディキャップを抱える児童を含めその心身の発達を生涯にわたる発達をも見通して理解するための科目群)
2.発達環境関係科目
全体の科目群を発達環境に関わる自然、情報・コミュニケーション、文化・スポーツ・芸術、教育、家庭・地域、社会福祉・社会保障、企業の7系列に区分して、人間の発達環境(とりわけ乳幼児期から児童期の発達環境)に関わる諸課題を総合的に理解するための科目群

〔専攻教育科目〕

(2) 幼稚園教諭、小学校教諭、保育士資格等の教育・保育専門職としての資格・免許を取得しうる教育課程としても編成してあります。

保育学部ディプロマポリシー

保育学部の教育理念は「参加・共同・創造」であり、学生は、保育学部の教育理念を実現し、「豊かな学びの共同体」としての保育学部を創造する責任ある構成員であります。
学生は「学習権」を享受する責任ある主体であり、教育・保育学に関する体系的な教育・研究をもって組織されている保育学部の学びへの能動的な参加を通して、人類の福祉と子どもの最善の利益に貢献しうる高度の専門性を具えた有為な職業人としての社会的な自己実現を達成することが求められ、支援されます。
保育学部は、以上の教育理念・目標に照らして、所定の科目を履修し124単位以上を修得した学生に、「学士(保育学)」の学位を授与します。総合的な人間学としての教育・保育学は実践の学でもあるので、学生は理論と実践を統一した学びが期待されます。
保育学部の教育への能動的な参加を通して学生に求められる学びの課題(学生の到達目標)は以下のとおりです。

(1) 自主的、主体的に学び活動する力(高い学習意欲、永続的な自己開発意欲の形成)
〔具体的な目標〕
  • 授業(実習、インターンシップ等を含む)への積極的な参加
  • サークル、委員会、ボランティア活動等の授業外の活動への積極的な参加
  • 学内外の社会参加・体験学習への積極的な参加
(2) 他者と交流・協力し、学びあう力(豊かな人間性と人間理解、豊かなコミュニケーション能力・自己表現能力・共感能力、信頼されうる社会的モラルの形成)
〔具体的な目標〕
  • 現代社会の求めるコミュニケーション能力を支える知識・技術の修得
  • ゼミ、サークル、委員会、ボランティア等での責任ある役割の遂行
  • 豊かな人間性と社会的モラルに基礎づけられたことば・態度・行動の実現
(3) 課題を発見・理解し解決しうる力(豊かな教養、専門的な知識・技術、思考力、判断力の形成)
〔具体的な目標〕
  • 卒業研究を含め、卒業に必要な科目を履修し、全体として卒業要件の124単位以上の修得
  • 教育・保育専門職として希望する免許・資格に関わる科目を履修し、必要な単位の修得
  • 教育・保育専門職としての実践的(専門技術的・技能的)能力の多面的な開発

学芸学部のアドミッションポリシー

学芸学部は、信念ある女性を育成することを基本目的とし、広い知識、高い教養と専門的能力、豊かな人間性を兼ね備えた優れた人材を育成することを教育目標としています。英語学科は「幅広い教養と論理的・創造的な思考力」および「グローバル化した社会における実践的な英語コミュニケーション能力」を持った人材を育成します。また情報コミュニケーション技術をその教育に積極的に取り入れ、広く産業界や行政などの分野で、その教養と表現力を生かすことのできる自立した女性を育成します。

学芸学部の求める学生像

学芸学部カリキュラムポリシー

学芸学部英語学科は「幅広い教養と論理的・創造的な思考力」および「グローバル化した社会における実践的な英語コミュニケーション能力」を持った教養人を養成するため、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成します。

学芸学部ディプロマポリシー

学芸学部は人文・社会科学の諸分野に関わる学芸を教授研究し、深く真理を探究して新たな知見を創造し、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与する「信念ある女性」を育成することを目的としています。英語学科では「幅広い教養と論理的・創造的な思考力」および「グローバル化した社会における実践的な英語コミュニケーション能力」を持った人材を育成することを目的としています。この教育目的に基づく教育課程を履修し、厳格な成績評価を経て卒業に必要な単位を修得し、以下に挙げる能力を身につけた者に対して、学芸学部英語学科は学士の学位を授与します。

ページトップへ戻る