建学の精神

建学の精神

学校法人桜花学園は、明治34年(1901年)に学園創立者大渓専(もはら)氏によって設立された桜花義会という社会奉仕団体にその源をさかのぼります。 桜花義会は日露戦争前後の疲弊した農村において、農業改良運動や社会福祉活動を行い、地域の中に根づいていきました。 そして、明治36年(1903年)、桜花義会は名古屋市に看病婦学校を設置。この年が、本学園の創設年となりました。愛知県下最初の私立看護学校として看護婦養成の第一線を担っていた桜花義会看病婦学校から、 多くの看護婦が輩出しました。
大正12年(1923年)には桜花高等女学校が設置され、昭和30年(1955年)に名古屋短期大学、平成2年(1990年)に豊田短期大学を設置。平成10年(1998年)に豊田短期大学を改組転換、桜花学園大学を開学しました。

浄土真宗大谷派の住職でもあった創立者大渓専氏の教育理念は「信念のある女性の育成」というもので、そこには「信念のある人物を育てるには、家庭教育をつかさどる女性の宗教教育が必要である」という考えがありました。本学園事業の中核であった女子中等教育において、いのちの尊さと心の大切さを学ぶ教育が行われてきました。そして教育方法の根本として強調されたのが「教育に親切なれ」というモットーです。こうした創立者の想いは、現在の学園運営の基本として受け継がれ、本大学の個性となっています。小集団による教育を基本に、教職員と学生の近い距離を保つ教育システムは、桜花の教育の伝統を今日に活かしたものといえます。創立者の想いは「心豊かで、気品に富み、洗練された近代女性の育成」という建学の精神として、今も、学園経営の基本となっています。

ページトップへ戻る