最新情報

NEWS

2018.12.27

【JENESYS2018】日本大学生訪韓団に本学園学生が採用

日本大学生訪韓団に本学園の学生が選抜されました。


日本大学生訪韓団第2団(2019年3月18日~28日)の団員40人の1人に本学園学生の加藤綾乃さん(名古屋短期大学保育科1年)が選ばれました。

「大学生訪韓団」とは、外務省の対日理解促進交流プログラム「JESESY2018」の一環として、大韓民国教育部所管の国立国際教育院と公益財団法人日韓文化交流基金が共同主催・実施している公募型派遣プログラムの一つです。採択された場合は、渡航費はもちろん、約10日間の訪問プログラムの諸費用が全額支給されます。毎年、全国の大学生の数多い応募の中からわずかの人だけが選ばれる、大変競争率の高いプログラムなのです。

加藤綾乃さんは、「瀬戸市の4歳児と韓国利川市の4歳児で陶芸教室を開きたい」という具体的な抱負をもって今回のプログラムに応募しました。加藤綾乃さんには、これから日本の大学生代表として韓国を訪問し、両国の立場や認識、社会や文化などについてより一層理解を深めていただき、いろいろな形の国際交流に貢献してほしいと思います。

訪問中や帰国後、SNSなどを通して情報発信していき、多くの方に交流の様子を広く伝えていきます。なお、外務省や日韓文化交流基金のHPでも紹介されますので、ぜひご覧ください。





<<一覧に戻る

ページトップへ戻る