保育学部国際教養こども学科ディプロマポリシー

保育学部国際教養こども学科は、「人類の福祉と世界の子どもの最善の利益に貢献できる高度な専門性を具えた有為な人材を養成する」という保育学部の教育理念のもとで、留学を含めて4年間在学するとともに、学則に定める所定の単位を修得し、以下の力を身につけた学生に、学士(保育学)の学位を授与する。

ページトップへ戻る