国際サロンについて

国際サロンの主な目的は、「国際理解を深め、友好関係を築く機会と場を提供する」であります。2011年には、第60回から第64回まで、すなわち5回を通して、カナダ・フランス・メキシコ・アルゼンチン・そしてロシアとスペインのクリスマスを紹介しました。昨年と同様に、回ごとに、それらの国々の大使館(東京都)からの代表、1名か2名が参加してくださいました。大きな応援になりました。

国際サロン1 国際サロン2 国際サロン3

国際サロン4 国際サロン5

76国際サロン「メキシコナショナルデーにちなんで」

2015年26日、メキシコ大使館の協力を得ながら、名古屋市との共催で「名古屋でのメキシコナショナルデー」を開催しました。桜花学園大学生涯学習研究センターでメキシコナショナルデーを祝うのは今回で14年目になりました。

メキシコ大使館のカルロス・アルマダ大使は、メキシコの政府とメキシコ大使館を代表して、そして、名古屋市長は、名古屋市民を代表して、お二方が素晴らしい挨拶をし
てくださいました。

今回は、特に多くの来賓の方々にご臨席いただきましたので紹介します。メキシコ大使館のカルロス・アルマダ大使、名古屋市河村たかし市長、豊田市国際交流協会豊田彬子理事長、名古屋市市長室国際交流課伊藤毅課長、南山大学ミハエル・カルマノ学長、南山大学牛田千鶴副学長、南山大学木下登前副学長、名古屋大学二村久則前国際開発研究科長、中京大学木越勉教授、大阪大学ペドリサ・ルイス准教授、金城学院大学北原ルミ准教授。

第2部では、「アマポラ」(メキシコ人と日本人の子どもたちグループ)による民族舞踊の観賞をしました。

第3部、ティータイムでは、日本の方々・外国人の方々のボランティア協力により、メキシコ伝統料理と美味しいデザートと飲み物を味わうことが出来ました。

第4部では、桜花学園大学・名古屋大学・南山大学・中京大学・愛知教育大学・名古屋短期大学の学生ボランティアにより、メキシコ民族衣装ファッションショーを行いました。リーダは、桜花学園大学保育学部の彦坂麻梨子・奥村優佳・梅田詩穂さんで、大変華やかなひと時となりました。

第5部では、かとうともこさんと田中紫織さんお二方による、ハープとマリンバのミニ・コンサートを楽しみました。多くのメキシコ民族曲を紹介してくださいまして、大変素晴らしい会となりました。

今回も目立ったことは、多くの幼い子どもたちの参加でした。生涯学習・国際交流を実践した素晴らしい一日になりました。

 

第75回 国際サロン「動植物多様性の国:コスタリカ」

2015年6月20日(土)に桜花学園本部・学習センター(昭和区)にて、第75回国際サロンが行われました。今回の講師はコスタリカ大使館のロドリゲス・リリアン臨時代理大使でした。講義はスペイン語で行われましたが南山大学の下嶋航太さんの通訳で大変わかりやすい講演となりました。

 


講演をしてくださるロドリゲス・リリアン臨時代理大使

 

コスタリカの民族舞踊


ボランティアの方々が作ってくれましたコスタリカのケーキ・お菓子・飲み物を 多くの学生が参加者の方々のために用意してくれました。


多くの学生が、国際サロンの運営に参加してくれました。

 

 

 

 

 

74回国際サロン「世界のクリスマス」20141213

 

 2014年12月13日(土)に第74回国際サロン「世界のクリスマス」が行われました。今回は、子ども(幼児から高校生まで)、多数大学の学生、一般の方々がとても多くて、参加者数は140名くらいになりました。

 第一部では、カナダのHeather Dioron(南山大学)先生により大変美しいカナダのクリスマスについての講演がありました。他国のクリスマス(スイス・ジャマイカなど)についても少しを紹介してくださいました。今回は、英語で分かりやすくいろいろと教えてくれました。参加者の方々はよく聞いてくれたお陰で、とても楽しい講演になりました。ゆっくりで話してくれたために通訳が本当に必要ではありませんでした。講演の最後の部分ではみんな一緒に「ホワイトクリスマス」を歌いました。

  

 第二部、毎回で行われる楽しく美味しいティ・タイム、では、クリスマス風のマドレーヌ、メキシコ風のフルーツティー、日本風コーヒーとお茶などをみんなでおいしく頂きました。

 第三部では、アメリカのBill Jones(名古屋大学)先生にサンタクロースの役を果たしていただきました。最初から驚きのことをしてくださいまして、大人気になりました。子どもたち、学生、社会人、みんな挨拶をしたり、一緒に写真を撮ったりしました。サンタはみんなの喜びを運んでもらいまして大変楽しいひとときでした。

 第四部では、メキシコのAntelma(名古屋大学・南山大学)先生にメキシコのクリスマスの子どもの遊びについてお話ししてくれました。サプライズ的にメキシコのpiñata「ピニャタ」を「みんなで壊そう」と言いながら子どもの喜びを爆発しまして、大盛況になりました。子どもも大人も楽しい時間を過ごすことができました。大変楽しいクリスマス会になりました。

      第73回国際サロン「メキシコナショナルデーにちなんで」

 2014年9月27日に、メキシコ大使館の協力を得ながら、「名古屋での正式的なメキシコナショナルデー」を開催しました。桜花学園大学生涯学習研究センターでメキシコナショナルデーを祝うのは今回で13年目になりました。
メキシコ大使館のアリアガ・アルマンド次席大使は、メキシコの政府とメキシコ大使館を代表して、そして、名古屋市長は、名古屋市民を代表して、二方が素晴らしい挨拶をしてくださいました。
 今回は、特に多くの来賓の方々にご臨席いただきましたので紹介します。メキシコ大使館のアリアガ・アルマンド次席大使、名古屋市河村たかし市長、豊田市国際交流協会豊田彬子理事長、名古屋市市長室国際交流課近藤世津子課長、南山大学木下登前副学長、
南山大学黒田清彦名誉教授、同志社大学松下マルタ名誉教授、京都女子大学松下洋教授、
中京大学木越勉教授、大阪大学ペドリサ・ルイス准教授、愛知県立大学谷口ともこ准教授。
第2部では、「アマポラ」(メキシコ人と日本人の子どもたちと大人の女性たちのグループ)による民族舞踊の観賞をしました。
第3部では、ティータイムは、日本の方々・外国人の方々のボランティア協力により、メキシコ伝統料理と美味しいデザートと飲み物を味わうことが出来ました。
第4部では、桜花学園大学・南山大学・中京大学・愛知県立大学・名古屋市立名東高等学校・桜花学園高等学校、6校の学生ボランティアにより、メキシコ民族衣装ファッションショーを行いました。リーダは、桜花学園大学保育学部1年生彦坂麻梨子・濱田真奈・橋本佳奈さんで、大変華やかなひと時となりました。
第5部では、かとうともこさんと田中紫織さん二方による、ハープとマリンバのミニ・コンサートを楽しみました。多くのメキシコ民族曲を紹介してくださいまして、大変素晴らしい会となりました。
今回も目立ったことは、多くの幼い子どもたちの参加でした。生涯学習・国際交流を実践した素晴らしい一日になりました。

 

 




 

            第72回国際サロン「芸術の国:イタリア」

 2014年7月28日(土)に桜花学園本部・学習センターにて、第72回国際サロンが行われました。今回の講師はイタリア総領事館のロンバルディ・マルコ総領事様でした。講義は流暢な日本語で行われましたので大変わかりやすい講演となりました。特に、イタリアの芸術とナポリのエキスポについていろいろと説明してくれました。

 参加者は140名以上におよび、来賓者は、名古屋市市長室国際交流課近藤世津子課長、みよし市生涯学習課金丸善一郎主任主査、南山大学黒田清彦名誉教授、名古屋芸術大学取越名誉教授、中京大学木国際教養学部木越勉教授、大阪大学大学院法学研究科ペドリサ・ルイス准教授、南山大学外国語学部泉水博隆准教授でした。そして、多くの学生(桜花学園大学・名古屋大学・南山大学・中京大学・大阪大学・桜花学園高等学校・松陰高等高校、桜台高等学校も参加してくださいました。名古屋市・豊明市・豊田市・の市民の方々と一緒に大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。


 講演をしてくださるロンバルディ・マルコイタリア総領事


   子どもにも優しいロンバルディ総領事

ボランティアの方々が作ってくれましたイタリアのケーキ・お菓子・飲み物を多くの学生が参加者の方々のために用意してくれました。

国際サロンのボランティア団体について

国際サロンという活動は、多くの方々の協力がなければ実現できません。これまで、ボランティア団体である「はなのき会」と「N2企画」のメンバーたちが、この国際サロンを支援してくださいました。約60カ国の紹介をするために両団体のメンバーが、それぞれの国々の本物のコーヒー・紅茶・おやつ・お菓子・料理などをつくってくださいました。
 さらに、「通訳ボランティア」の方々にも、外国の方々の接客、講演の通訳などの面で、助けていただきました。また、桜花学園大学、名古屋短期大学、桜花学園高等学校、南山大学、名古屋大学、名古屋市立大学、愛知県立大学、椙山女学園大学、中京大学、愛知淑徳大学、京都外国語大学の学生・大学院生・留学生たちも学生ボランティアとして、各国のファッションショー、接客活動など、運営について様々な面でお手伝いいただきました。
 このように、桜花学園大学の国際サロンは、多くの方々の支えを受けながら皆様のために「国際理解を深め、国際友好関係を築く」ように、場を提供しています。
 本年度は、運営・企画ボランティアとして石田誠也さん、そして通訳ボランティアとして黒田薫子さんが積極的に国際サロンへ5年間も貢献されたため、センター長から感謝状をささげました。

これからもボランティアの方々と受講生の皆様の期待に応えるように努力しながら、国際サロンの充実を図りたいと思います。
 

ページトップへ戻る