保健室/学生相談室

保健室

健康相談・悩み相談

研究管理棟1階事務局の隣には保健室があり、保健室職員が常駐しています。体調が悪くなった時やけがをした時は、必要な手当てや処置を受けることができます。また、からだの悩みや、人に言えない心配ごとのある場合は、いつでも保健室職員が相談に応じています。個人の秘密は厳守されますので、気軽に利用してください。

各種身体測定

保健室では、身長・体重・視力・聴力・血圧・体内脂肪などがいつでも測定できます。健康状態が気になるときは積極的に測定し、自己の健康管理に役立ててください。

学生定期健康診断

学校保健法に基づき、毎年1回定期的(4月初旬)に、「学生定期健康診断」を実施しますので、必ず全員受けてください。

健康診断証明書

健康診断の記録は大切に保存され、その結果をもとに「健康診断証明書」を随時発行しています。
(※届け出なしに健康診断を受けないと証明書の発行を行いませんので注意してください。)

インフルエンザなどの感染症の届出

インフルエンザなどの感染症にかかり、医師が他者への伝染の恐れがあると診断した場合、学校保健法に出席停止が定められています。

傷害保障制度・学研災・学研賠の手続き

学内や通学中にけがをした学生は傷害保障制度・学研災の補助金・保険金請求手続きをしますので、保健室職員まで申し出てください。

保険について

傷害保障制度

本学では、学園独自の学生傷害保障制度を設け、大学管理下において発生した傷害事故に治療費の補助が支払われます。
【支払われる治療費補助額】
入院を必要とする場合は1日につき1,500円
通院を必要とする場合は1日につき1,000円

学生教育研究災害傷害保険(学研災)・学研災付帯賠償責任保険(学研賠)

教育研究活動中の不慮の災害事故補償のために、本学では全学生が「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。また、学生の過失によって賠償責任が問われた場合に、「学研災付帯賠償責任保険」にも同じく全員が加入しています。

学生相談室

学生生活をすごすうちに、もし勉学や進路、人間関係などで悩むことがあったとしたら…。

それは、あなたが大人になってゆく“生みの苦しみ”です。 学生相談室は、あなたがそういう悩みをかかえたときに、カウンセラーと1対1で話し合いができるようになっています。(学生相談室では、相談したことの秘密は守られますので、気軽に相談してください。)

カウンセリングは、カウンセラーとあなたがじかにふれあう場です。
あなたの現在の問題や、気持ちをありのままにみつめて、あなた自身が問題を解決してゆけるように、カウンセラーが援助します。カウンセリングは一人でも、グループでも差し支えありません。

あなたが自分自身を知る手がかりとして、心理テストもあります。“自分の性格を考えてみたい”と思った時にも、気軽に相談室を訪れてください。

学生相談室 0号館 3階
開室時間 毎週火曜日
12:30~16:30
毎週金曜日
13:00~17:00
面接希望者 直接相談室に来室するか、保健室または学生課の窓口まで。
ページトップへ戻る