メニュー

閉じる

学校法人 桜花学園 桜花学園大学

メニュー

閉じる

学びについて

学芸学部英語学科の特長

公用語は英語、
「360°English」。

学芸学部では常に英語が身近にある学修環境を「360°English」とし、授業はもちろん、教室外の会話も英語で行うことをめざす「公用語は英語」というルールを徹底しています。またAll Englishの自主学習施設・ESC(English Study Center)ルームや基本言語を英語に設定したPCなどを活用することで、英語への抵抗感を拭い去り、確かな英語力の定着をめざします。

1年次の春、
全員が海外留学を経験。

1年次の春休みに行われる「海外英語実習Ⅰ」では、英語力の向上や異文化理解をめざします。4~6週間、カナダやイギリスなどでホームステイをしながら現地の学校で英語を学ぶ経験は、自身の課題や英語学修の目的に気づく貴重な機会。学生生活の充実に直結するプログラムです。
※出発までの出席日数など、要件を満たすことが必要です。

  1. 語学力UPサポート

    語学力
    UPサポート

  2. 専門コースについて

    専門コースに
    ついて

  3. 留学について

    留学について

  4. 学外研修について

    学外研修について

  5. 進路について

    進路について

学芸学部長からのメッセージ

学芸学部長 斎 孝則教授
英語力の向上と
論理的思考力の習得が目標。

学芸学部の代表的な授業のひとつが「English Presentation」。学生たちは限られた時間内に自分の意見をまとめ、発表の内容を構成し、聞き手にわかりやすく英語で伝えます。その後、私たち教員が発表の根拠を徹底的に追究します。「どうして?」「なぜ?」という質問に対し、的確な答えを導き出して端的に伝えるためには論理的思考力が必要です。英語学修を通して、繰り返し論理的に物事を見つめる学芸学部の学びは、将来、社会で活躍するあなたを力強く支えてくれると確信しています。

学芸学部長
斎 孝則 教授